三井住友銀行カードローンのメリットとデメリット

 

三井住友銀行カードローンのメリットとデメリット

カードローンは多くの金融機関が商品化しています。それぞれに特徴がありますので、その特徴をよく理解したうえでどこの先で申込むのかを考えなくてはいけません。

 

カードローンの持つメリットとデメリットをよく比較して、自分にあった1枚を探すようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンのメリット

金利が低い

三井住友銀行カードローンの適用金利は「4.0%~14.5%」です。

 

銀行カードローンは低金利が魅力のひとつといわれますが、ここでもその傾向が強いことがわかるでしょう。とくに消費者金融の一般的な最上限金利「18.0%」に比較すると、金利の低さがわかります。

 

 

即日融資可能

逆に銀行カードローンは消費者金融に比較して、申込から借入までに時間を要するといわれています。しかし三井住友銀行カードローンは即日融資に対応していますので、素早い借入も可能です。大手銀行カードローンでも、即日融資に対応している先はあまりありません。

 

とくに銀行カードローンではあまりみられない「ローン契約機」の利用は、消費者金融と同様に素早い借入が可能になっています。ローン契約機の稼働時間は土日祝を含めた9時~21時となっていますので、平日多忙な方でも利用しやすくなっています。

 

 

手数料無料のATMが多い

三井住友銀行のATMは当然、多くのコンビニ提携ATMを手数料無料で利用できます。自社以外のATMで108円~210円の手数料を徴求する先も多いので、お得といえるでしょう。

 

1回108円であっても、チリと積もれば山となります。お金を借りたり返済したりするのに、利息以外の手数料負担はできるだけ避けたいものです。

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

振込サービスが無い

最近のカードローンで多く見られる「振込サービス」がありません。借入方法はATMかインターネットバンキングとなります。しかもインターネットバンキングは三井住友銀行の口座が無いと使用できません

 

 

返済方法が少ない

三井住友銀行の口座からの口座引落以外の返済では、ATMか振込となります。振込の場合、振込手数料が利用者負担となり、またインターネットバンキングには対応していませんので注意が必要です。

 

口座がないと利用できないサービスが多い
  • インターネットバンキング
  • 口座引落での返済
  • ホームページ上での利用状況の確認
  • 自動融資(残高が不足する場合の自動借入サービス)

 

これらは三井住友銀行の口座を保有していないと利用できません。三井住友銀行カードローンの利用を考える場合には、あわせて預金口座の口座開設を行うことをおすすめします。