三井住友銀行カードローンの審査基準

カードローンで借入するには、必ず審査に合格しなければいけません。「はたして自分は審査に通ることができるだろうか」誰もがこのような不安を多少なりとも抱くのではないでしょうか。

 

カードローンの審査基準は各社異なっていますが、その内容にはあまり差がありません。「通りやすい」「通りにくい」という若干の差はありますが、審査のポイントはある程度共通しています。カードローンの審査のポイントを理解しておくことで、合格に近づくことは可能でしょう。

 

三井住友銀行カードローンの審査基準

三井住友銀行カードローンの審査においても、判断するポイントは各社とあまり違いはありません。主なポイントは「返済能力」「信用情報」の2点です。

 

 

「返済能力」とは「年収」「勤続年数」「雇用形態」「他社の借入」などから判断される申込者の返済可能な能力のことです。

 

「信用情報」とは「過去の返済履歴」「過去の金融事故」「クレジットカードや公共料金の滞納」といった個人信用情報機関の情報のことです。この2点に合わせて「居住形態」「資産情報」の他、申込者の「人柄」なども判断材料となります。

 

 

安定した収入

カードローンの審査において一番のポイントとなるのが「安定した収入」です。「安定した収入」とは必ずしも高額な年収を示すものではありません。

 

申込金額に応じて、毎月定期的に途切れない収入がある方ほど審査では有利と判断されます。高額収入であっても、その収入が安定していなければ審査では不利となります。

 

 

安定した雇用形態

「安定した収入」が審査のポイントとなる以上「安定した雇用形態」も重要なポイントとなります。大企業に勤務しており、勤続年数も長い正社員といった方は、審査でも有利となります。

 

ただしパートやアルバイトでも三井住友銀行カードローンでは、安定した収入と勤務状況が確認できれば、十分審査に合格することが可能です。

 

 

過去にカードローンを利用したことがある

過去にカードローンで借入経験がある方は、審査では不利と思われている方も多いのではないでしょうか。しかしカードローンの審査では、利用経験はむしろプラスに働きます。きちんと返済している実績は、返済能力があると判断されるためです。もちろん返済に遅れが生じている場合には、審査でも不利となるでしょう。

 

 

クレヒスが長い

クレジットカードヒストリー、略して「クレヒス」もカードローンの審査に影響を与えます

 

カードローンの利用実績と同様、クレジットカードの利用代金をきちんと支払日に支払っている方は、その分返済能力もあると判断されることになります。

 

三井住友銀行カードローンの審査は厳しい?

一般的に銀行カードローンは消費者金融に比較して、審査基準が厳しいといわれています。顧客から大切な預金を預かっている以上、審査基準は厳しくしなければいけません。

 

そのような中でも、三井住友銀行カードローンの審査基準は比較的緩めであるといわれています。

 

三井住友銀行カードローンは、他の大手銀行ほど大々的にメディア露出を行っていません。そのため申込数自体もそれほど多くはありません。

 

銀行では貸金業務の他にも様々な業務を取り扱っていますので、貸出の審査はリスクを避ける意味で慎重に行われています。

 

申込数が増えると、その分審査基準も高くなる傾向があります。

 

しかし三井住友銀行カードローンでは、申込数をある程度コントロールできていますので倍率を一定に保つことに成功しています。これは審査の難易度が、他の銀行カードローンに比較して低くなることにつながっています。

 

また三井住友銀行カードローンの保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、通称「プロミス」です。「プロミス」は日本を代表する消費者金融であり、三井住友銀行カードローンでは「プロミス」の審査ノウハウを生かした審査を行っています。

 

つまり銀行カードローンながら、審査の基礎となるのは消費者金融というわけです。この点も審査の難易度の低さとともに、審査スピードの向上につながっているといえるでしょう。