三井住友銀行カードローンの必要書類について

カードローンの申込には、必ず必要書類が発生します。いくら「即日融資可能」といっても、必要書類を準備できなければ審査を進めることもできません。

 

必要書類は必ず事前に確認して、スムーズに手続を進めるようにしましょう。

 

三井住友銀行カードローンの必要書類

とはいっても、カードローンの必要書類はそれほど複雑なものではありません。三井住友銀行カードローンでも、必要書類は基本的に次の2点だけです。

 

本人確認書類

いわゆる身分証明書のことです。次のいづれかを準備しておきましょう。

 

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳カード(顔写真つき)

 

これらの書類に記載されている住所は、現住所でなければいけません。引っ越しをして間もない時など、記載住所と現住所が異なる場合には、現住所を証明する次のような書類を別途準備しなければいけませんので注意しましょう。

  • 電気・水道・ガスなどの公共料金の領収書(受領印が押印していること)
  • 国民年金や税金の払込表(受領印が押印していること)
  • 住民票(主に3ヶ月以内に発行されたもの)

 

 

収入証明書類

 

借入条件で示されている「安定した収入」を確認するために収入証明書類が必要となります。収入証明書類としては以下のようなものがありますので、不明な点は事前に確認しておくようにしましょう。

 


・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(主に直近2~3ヶ月分、勤務先の社名印が押印されているもの)
・住民税決定通知書
・所得証明書(市町村発行のもの)

 

三井住友銀行カードローンでは「借入希望限度額300万円」を超える場合に収入証明書類の提出が必要とされています。少額金額を希望する場合には収入証明書類が不要というわけです。ただし審査の過程で提出を要求されることもありますので、できれば事前に準備しておくことをおすすめします。

 

必要書類提出のタイミング

三井住友銀行カードローンでは、必要書類の提出のタイミングが「申込方法」により異なっています。

 

パソコン・スマホモバイル・電話・郵送での申込の場合

審査結果回答後、郵送またはローン契約機で提出する

 

窓口・ローン契約機での申込の場合

申込み時に、窓口またはローン契約機で提出する

 

 

多彩な申込方法は、三井住友銀行カードローンのメリットのひとつといえます。申込方法の違いで必要書類がどの時点で必要になるのかも、事前に確認しておくようにしましょう。