三井住友銀行カードローンの増額

カードローンには、あらかじめ借入可能な借入限度額が設定されています。借入限度額は、利用者の返済能力に対するリスクなどを考慮して、審査で個別に決定されます。

 

誰もが商品案内などに記載されている「最高○○円まで」の借入限度額で契約できるわけではありません。一般的には初回利用時の借入限度額は数十万円単位から、多くても100万円までとなっています。初回利用者については、利用実績が0であることから高額融資を受けることが難しくなっています。

 

契約後、借入と返済の利用実績を積み重ねていくことで、カードローン会社の信用を得ることができるようになります。そうして初めて「増額」も可能になるのです。

 

三井住友銀行カードローンの増額

三井住友銀行カードローンも「最高借入限度額800万円」という高額限度額を商品案内などで提示しています。しかし最初から800万円の融資を受けることは、まず不可能といえるでしょう。

 

初回利用者では、30万円から50万円程度のスタートが一般的であるといわれています。その後ある程度借入と返済の利用実績を積んでいくことで、増額申請も可能になっています。

 

なお通常のカードローンでは借入限度額が高いほど、適用される金利は低くなっています。三井住友銀行カードローンでも借入限度額に応じて適用される金利が段階的に低くなっています。

つまり増額に成功することで、適用される金利も下げられる可能性もあるということです。

 

増額審査のポイント

だからといって、常に増額審査に合格できるとは限りません。増額審査では、新規申込み時と同等、もしくはそれ以上の審査基準が設けられています。年収や信用力を基準に、総合的な審査基準に合格しなけれえばいけません。

 

増額審査では、年収からの返済能力の他にこれまでの利用実績が大きなポイントとなります。いくら給料が増えた場合でも、これまでの返済に遅れが生じて「これからは大丈夫です!!」と主張しても、当然受け入れられることはできません。たとえ単なる入金忘れの返済遅れでも、それだけ信用できない利用者と判断されています。

 

一度失った信用を取り戻すのは容易ではないということです。逆に一度も利用していない方が、いきなり増額を申込んでも不審に思われるだけでしょう。また収入が増えたといっても、それが転職などの事情によるものでも、合格は難しくなります。

 

このように増額審査では、あらゆる方面から増額に適しているかどうかを判断することになります。

 

増額申込の手順

三井住友銀行カードローンの増額申込は、ローン契約機やフリーダイヤルを通じて行うことができます。審査では年収証明書類が必要となりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

増額の金額によっては年収証明書類が不要となることもありますが、できれば事前にきちんと整えておくことで、増額審査もスムーズに進めることができます。

 

なお増額審査次第では、逆に限度額の縮小を求められることもあります。収入状況や信用状況に極端に問題があると判断されると、たとえ借入利用残高が残っている状態でも、それ以上借入が利用できずに、以後返済だけを続けていく(新規貸越停止)だけとなることもありますので注意しましょう。